自動車メーカー オプション

One of these days

MENU

自動車メーカーが作っているオプション

車を購入するときに標準装備されていないものを追加装備することができます。
それをオプションといって、いわゆる自動車メーカーが作って販売する後付けパーツのことです。

 

オプションには、エアロパーツから内装パーツ、オーディオ類、カーナビ類などいろいろなものがありますが、つけるものによってメーカーオプションとディーラーオプションに分けることができます。
メーカーオプションというのは、車の製造工程の段階で組み込まなければならない大規模な装備や、車の基本的な部分に手を入れなけらばならない様な装備で、車を購入するときに同時に注文しなければなりません。

 

基本的に購入後に後付けすることはできません。
よくあるのが、車中に配線やセンサーが張り巡らしてある安全装備や専用設計されているオーディオシステム、走行性能にかかわる電子制御部品などがこのメーカーオプションとなることが多くなっています。

 

それに対してディーラーオプションというのは完成された車の後付けできるもののことで、街のカー用品店のピットのように後からでも好きなものを選んでつけることができます。
ディーラーオプションとして扱われるものとしてはエアロパーツ、インテリアパーツ、光もの、オーディオ関連、カーナビ関連などで、部品があって腕に自信のある方であれば素人でもつけることができるものばかりです。
まれに一般的に市販されているものと同じものがディーラーオプションとして売られている場合がありますが、内部の仕様が若干違うことが多く、全く同じが売られているという事は少ないようです。

 

車売りたい