敬老の日 忘れていた

One of these days

MENU

敬老の日を忘れていた

先月9月16日は敬老の日だったんですね。

 

祝日だから何か特別な日、というのは覚えていたんですけど、それが敬老の日だということは忘れていました。
9月って3連休が2回あるので、何がなんだかわかりません。

 

敬老の日と言っても、毎年何かしてきたわけではなく、その時ちょうどおじいちゃん、おばあちゃんの所に行く用事があったら、好きな和菓子を買って持って行ったりしていました。

 

去年はたしか、髪の毛が薄くなってきたおじいちゃんに暖かい帽子、足が冷えて眠れない日があると言っていたおばあちゃんに、アンゴラ入りの靴下をプレゼントした気がします。
おじいちゃんもおばあちゃんも、けっこう喜んでくれて、その次あった時には帽子をかぶってくれてたし、靴下も一足はもう穴が開いちゃったよ、なんて言うくらい履きつぶしてくれてました。

 

そんなことを思い返すと、先月の敬老の日を忘れてしまっていたことにすごく罪悪感が生まれてきました。
少し遅くなってしまったけど、今月中に一度、おじいちゃん、おばあちゃんの所に行ってこようかな。

 

まだ寒くならないけど、2人お揃いの温かいシャツを買ってあげようかな。おじいちゃんは肩が痛むらしいので、伸縮性に優れたシャツを選んでみます。